スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな初雪

2009年06月23日 10:03

初雪

     小さな初雪

「今日はいつもより 冷え込むね。」

「雪でも降りそうな 寒さだね。」

「ホットミルク入っているよ。」

「あぁ・・・ありがとう。」




暗い窓から 小さな小さな庭をみると

小さい小さい雪が 1つ・・・また 1つ・・・

赤い実をつけた小さな木に

ゆっくり ゆっくり 落ちてきました。 




白大島



励みになります。↓   
  
坂倉有香のホームページ



スポンサーサイト

木枯らし バック 古布

2009年06月16日 10:26

木枯らし

夏の日。

早朝。

太陽の日が昇る直前。

ちょっと湿った シンッ。としている

森に入ったことがありますか?

そうそう、ミンミンゼミが 高い高い声で

鳴くまえ。

足の裏には 柔らかな土の感触。

靴を履いていても わかる感触。

森の中は 別世界で

ムッンと漂う 木の匂いで充満してます。

探す木は 必ず 「栗の木!」

栗の木から流れだす べっ甲色した樹液が虫たちに

とっては命の源なんですね。

そこに吸い寄せられる 虫たちはさまざまで

めあての クワガタからはじまり カブトムシ

アゲハチョウ、カナブン、そしてかなり怖いスズメバチ。

上のお兄ちゃんと弟との 間で育った私は 

女の子の遊びより 野山を 野猿?のように

駆け回る 真っ黒に日焼けした女の子でした。

(地黒って こともあったのですが・・・;)

栗の 木の葉は秋になると

フカフカの絨毯みたいに 厚くつもり

たくさんの生き物の温かい布団に

なります。

表面の枯葉には霜柱がキラキラ

宝石のように冷たく輝いても

温かな木の葉の中で おしゃべりする

てんとう虫・・・。

想像したら おもしろくないですか?^^




励みになります。↓   
  
坂倉有香のホームページ









枯葉に霜柱 バック制作途中

2009年06月02日 14:24

栗の葉

枯れている栗の葉を拾ってきて 
観察すること しばし・・・。

よく見ると派脈にそって細~い
トゲみたいなものがあるんですね。

イメージは霜柱でキラキラしている
枯葉。

影を入れている途中です

なんだか ノッペリと平面に見えたので
細かな影を付けている途中です。

ヒソヒソ

枯葉の下で冬篭りしながら
おしゃべりしている てんとう虫・・・。

長い長い作業なので
まだ途中の段階ですが・・・。



この間刺繍していた赤とんぼ・・・
ほどいてしまいました。
赤とんぼにビーズまでつけたものの
あまりのリアルさに可愛さが無くなったように感じはじめたら 
針を持つ手がピタリと動かなくなってしまいました。
悩むようだったら出品できない・・・。

一気に 糸をほどきました。

あ~、スッキリした。

 
励みになります。↓   
  
坂倉有香のホームページ



久々に更新です。 古ぎれバック

2009年05月27日 10:31

青と赤 バック

自分のためのバック作ってみました。

千鳥かがりぬい
 
古布なので なるべく 頑丈に。。。
内ポケットには携帯入れともう1つ大きめポケット。

待ちつき

いつも荷物が多い管理人・・・ マチも忘れずに。


古布どくとくのクッタリ感とジーンズにも
相性バッチリな味がある青に 赤のキラキラビーズ
あしらってみました。

古い布をリメイクすると 新しい布ではだせない
またちがう可愛さ・・・。
自画自賛で申し訳ないですが ほんと、カワイイな。
 



励みになります。↓   
  
坂倉有香のホームページ


雨音と紫陽花 バック

2009年04月30日 10:20

小雨

シトシト シトシト・・・ ポトン、ポトン、ポトン・・・
耳を澄ませば 雨音の旋律。

雨ヒカリ
  
紫陽花に落ちた 雫は コロン コロンとまるまって
離れたり くっついたり しだい しだいに
大きくなって

雫

葉っぱの曲線を ツルリとすべり落ちる。

小雨と紫陽花

紫陽花と小雨





つばめの旅

このがま口ポーチも販売します。
チリエージャ プリザードフラワーのお店です。 

府中伊勢丹販売 7階 イベント広場
5月6日(祝・水)~12日(火)
10:00~19:30

お気軽に来て下さったら嬉しいです。
坂倉有香先生の紡ぎ出すプリザードフラワーは
素敵ですよ。
励みになります。↓   
  
坂倉有香のホームページ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。